はじめに

ブログの説明文を置いてなかったなと気づいたので作りました。

 

 

▷このブログについて

タイトル通り「なんか話したいな〜」って思ったことを書くだけです。日常だったり布教だったり愚痴だったり。更新は不定期です。カテゴリ分けはこんな感じ。

イベント→行ったリアルイベントの話。

映画→観た映画の話。だいたいアニメ。

あんスタあんさんぶるスターズに関する感想やら布教やらの話。

日常→自分語りとわりとどうでもいい日常の話。

舞台→観た舞台の話。ほとんど2.5。

 

▷本人

名前:ゆーと

年齢:成人した

職業:大学生兼アルバイター。学問としてダンスを学んでいます。専門はクラシックバレエ

住居:実家暮らしの都民で猫がいます。末っ子。

腐女子でオタク。2次元と2.5次元が好き。やたらと背が高い。

普段はTwitterに住んでます。

twitter.com

匿名でのメッセージはこちらから↓ 返信はTwitterでしております。

t.co

 

▷好きなもの

推し:2次元→月永レオくん、逆先夏目くん。3次元→植田圭輔さん(ノットガチ恋)。2次元はジャンルに1人ないし2人推しがいるタイプですが、詳しいことはツイフィールや過去記事をご覧ください。

t.co

yuyuto-1.hatenablog.com

趣味:観劇、バレエ、読書。観劇は2.5がメインですがそうでないのも好き。バレエ歴17年。活字中毒気味なので節操なく読みます。漫画やラノベも好き。

服:シンプルかわいいもの。ズボンよりスカート派、高身長なのでミニスカよりロンスカ派。

食べ物:甘いもの、お寿司、オムライス。圧倒的子供舌…

他:猫、カエル、かわいいもの、布団、お風呂、宇宙、などなど。

他人の人生を知るのが好きでオタクをやってます。自分の中にたくさんの物語を貯蓄したい。なので二次創作とかもバリバリ読むし書くタイプです。

 

 

基本的には自分のペースでオタクをしています。好きなジャンルはずっと好きなので、冷めたとか飽きたとかはないです。

文章を書くのは好きですが、好きなだけで上手くはないので読みにくいと思います。ゆるーくお付き合いいただけると幸いです。

キンプリコラボとかアニメ先行上映会とかの話

久々の更新となってしまいましたが生きてます!ちょっと社会の荒波に揉まれて息も絶え絶えといった感じなのですが、オタクとしてはめちゃめちゃ充実した日々を過ごしております…!

最近だとテイルズオブヴェスペリアをクリアしました!好きなやつでした。今はエクシリアをプレイ中です。好きな代永なので楽しいです。

 

 

あとプリティーリズム・レインボーライブを全話見るなどしました。ちょ~~~泣きました…もともとキンプリは評判を聞いて映画館に一作目を観に行ったのが始まりで(確か記事書いてた気がします)、キンプラもきっちり履修して速水ヒロさんに落ち、現在放送中のスススもちゃんと見てたんですが、RLはオバレ関連をちょっとつまむくらいしかしていなかったんです。それをこの度しっかり51話見て、さらにこの世界を好きになることができました!コラボにもスススの重要回にも間に合ったので良かったです。

ちなみに森園わかなに落ちました…だいすき…

 

ということで絶賛コラボ中ですね!進捗いかがですか!私はそろそろ一枚目のアレクが見えてきました!ゆるっと走ってます!

キンプリの最推しであるヒロくんがコラボに来るかもしれないという期待は少し持っていたのですが、まさかあんスタの最推しであるレオくんまで出演し、あまつさえヒロくんとのシンメカードだなんて思っていなくて。告知日から頭抱えっぱなしです…

あんスタ絵のヒロくんめちゃめちゃかわいくて、開花前のちょっと幼い表情も開花後の絶対アイドルな顔もだいすきです。レオくんはレオくんで「りんごの持ち方~!」って感じですし、初のフルボイスストもとってもかわいくて、というかロリで、とにかく楽しいのが現状です。推しと推しが声合わせてプリズムジャンプを跳ぶ世界線すげーなって思います。

 

関連して(?)アニメの監督、噂通りあの方でしたね。今年はお世話になります…!私はあんスタもキンプリもだいだいだいすきなので純粋に嬉しいです。実は僕たち血を分けた兄弟だったんだよ!という気分です。

 

 

ということでアニメの先行上映会に行ってきました!ライビュでしたがみんなでキャーキャー言いながら見るのすっごく楽しかったので、毎週上映会してほしいです。ひとりで耐えられないし。

内容に関しては一切ノーコメントです。放送を楽しみにしててください。私たちの知ってるあんさんぶるスターズでしたとだけ。

 

キャストトークで仰られてたことなんですが、ここまで来れたのは本当に奇跡に近いなと改めて感じました。特にあんスタは一回アニメ化頓挫してるじゃないですか…あそこで終わってもおかしくなかったのに、また持ち直して、いよいよ放送が始まろうとしている。そのことに感動して泣いてしまいました。

ソーシャルゲーム、特に女性向けのアイドル育成ゲームって、今や星の数ほどあります。その中でゲームがまず生き残り、アニメにできるまでの人気とお金を稼ぎ続けるって、並大抵のことじゃないです。実際、少し前にサ終ラッシュがありました。この界隈、とても寿命が短いです。

そして人気のあるソシャゲのアニメ化って、本来もっと早く、リリースから二年以内には起こっている印象があります。それはやっぱり前述した寿命の短さにあるんだろうなと思います。人気のあるうちにアニメにして、ファンを増やしておく。アニメ化は大きな話題になりますし、視聴の敷居が低いのでファン層の拡大が図れますからね。正しい戦略だと思います。

けれどあんすたは五年目まで温存してくれました。制作側もファン側も納得できるクオリティのものを、長い時間をかけて作ろうとしてくれました。ゲームのメインとなるストーリーにたっぷりボリュームがあり、リニューアルを控え、リアルイベントも多く成功させ、現在のあんさんぶるスターズはかなりしっかりした基盤を持っていると感じています。そこで最後の必殺技みたいにアニメを出してきた。「とりあえずアニメ」ではなく、「ここまできたからアニメ」というか、あんさんぶるスターズというコンテンツの中でのアニメの使い方を、とても重く捉えていたんだなあと思うんですよね。

キャストさんたちは声優としてアニメをずっとやりたかったんだと思います。実際何度も「やっと」と仰ってましたし。それでも待ってくださったんだなあと…一番いい時期にアニメができるようにしてくださったんだなあと思うと、感謝の言葉しか出てきません。

他ジャンルの友人たちに「アニメまだなの?」と聞かれるたびに、本当は少し悔しかったんです。アニメだけが全てじゃないでしょって思ってました。けれど今は胸を張って「7月7日から放送するよ!見てね!」って言えます。嬉しいです。

 

あんさんぶるスターズのアニメが放映される世界に生きてこられて、本当によかったです。

長生きしようね!

四周年と平成の話

あんさんぶるスターズ!四周年おめでとうございます〜!!本当は去年同様当日に記事を書きたかったんですが、就活とバイトに忙殺されてました。今日はやっとおやすみですイェーイ!ゴールデンウィーク!!

 

三周年までの3年間の話は去年したので、今年はこの1年を簡単に振り返ってみたいと思います。

まずアプリ内では、特にたくさんガチャを回した1年でした…5月〜6月にかけてのクラスガチャ&Knightsアルバムガチャ&悪魔の館&ブライダル&ペダルコラボに始まり、ブルフィラを10連で乗り切ったと思えば秋にはアフタヌーン&明鏡止水(これがあんスタ史上一番かけたガチャです)&胡蝶(引けなかった)&Switchアルバムガチャがあり…つ、つらかったなぁ…今年もまたクラスガチャ地獄が始まるので、どうにか生き延びたいです。

イベント的にはランボ完凸まで走ったのはスプラッシュとレクイエム返礼祭くらいでしたが、レクイエムがもうおっそろしかったので十分頑張ったと思います…あとはホラハロが本番と並行してたしストーリーも重かったのでしんどかったのと、ワンダーゲームには胃をやられるくらいの衝撃を貰ったのが印象深いですね。

今年はsagaの年だったので、お兄ちゃんこと椚章臣の掘り下げがあったのも嬉しかったです!ストはリバースライブがめちゃめちゃ好き…氷鷹の遺伝子に抗えない…氷鷹親子はKの伏見親子に通じるとこあると思うんですがどうでしょう?学園K(漫画版)を読んでください。

あと個人的にはキャロルスタフェスがすごく好きなお話でした。実は紫之創くんのことがちょっぴり苦手で、どうしてこんなに良い子でいれるんだろうとある種不気味に思っていたのですが、彼も普通のひとりの男の子なんだと知れて良かったです。

 

リアルイベント、今年はライブがとにかく多かったですね!スタライ2ndと3rd、スタステ2nd、ステフェスと、たくさんサイリウム振らせてもらいました。どのライブもそれぞれ違った良さがあり、とっても楽しかったです…!

今年はコラボにもたくさん行かせてもらって、今はなきジョイポリとか、サンリオとか、ラウワンとか、カラ鉄とか、ナンジャとか、アニカフェとか、たくさんお世話になりました。ありがとうございます。これからもぜひご贔屓に…

その影響でこの1年だけで手持ちのグッズがすごい増えました。元々グッズ欲はない方なのに、あんスタだけは集めたいと思っちゃうのが不思議です…ぬいにも手を出したので…

f:id:yuyuto_1:20190430130634j:image

でもうちの子たちかわいいんです。ふふ。

 

 それから、アルバム発売もおめでとうございました。

f:id:yuyuto_1:20190430130753j:image

お財布の関係で初回を集めることは叶わなかったのですが、それでも完走させてもらいました。どのユニットのどの曲も大好きです…!前にもちょろっと話したのですが、ユニソンがなければ私はこんなにあんスタにハマっていなかったと思います。また今度ソロ曲の記事など書きたいです…!

 

1年12ヶ月365日、あんさんぶるスターズと共に過ごせたことをなにより幸せに思います。四周年本当におめでとう、ありがとう、これからもよろしくお願いします!!とりあえずあと1時間半でイベント始まりますね!?こわ…………

 

 

それともうひとつ。

 

今日は平成最後の日らしいです。私は平成生まれで、あんまり昔のことを覚えてるタイプじゃないので平成の半分も記憶がないのですが、それでもひとつの時代が終わるってすごいことだなぁと感じています。

私にとっての「平成時代」はイコール「子供時代」です。生まれて、育って、親に保護されながら学校に行って、今現在の身分もまだ学生です。けれど来年、初めて「社会人」になります(なる予定です…)。学校を卒業して、親の保護下から卒業します。平成から令和に変わる今は、その下準備なのかなと勝手に考えています。

今まではとても人に誇れるような生き方をできなかったのですが、令和の私はちょっとでも立派になれるといいな。令和と一緒に大人元年を過ごすつもりで、頑張っていきたいと思います。

 

令和もよろしくお願いします。よき時代にしましょう!

追憶の話

感謝祭行ってきました!超楽しかった~!

昼現地夜ライビュで、合間にお取引や物販をねじ込んだのでかなりばたばたしてしまったのですが、それでもやっぱり楽しかったです。嬉しい情報もたくさんありましたし、5年目も元気にあんさんぶるしたいと思います!個人的には早くスタステ3rdを開催してほしいです!

 

さて、四周年記念のひとつに「追憶メモリーズ」なるものが開始されましたね!今までに開催された追憶イベントのストーリーを全開放してくれるというキャンペーンです。先日の返礼祭メモリーズといい、最近のあんすたくんは自分の売りがストーリーであることをやっと自覚してくれたようです。期間は今月27日まで。意外と短いな。

そもそも追憶とは何かというと、現在軸(プロデュース科ができ転校生が学院に転入しTrickstarによる革命から始まる一年間)の、前のお話のことです。別名は地獄。あんスタユーザーの9割は「追憶」と聞くと泡吹いて倒れます。ソースはありません。

Trickstarと転校生による革命以前の夢ノ咲学院は、生徒会による絶対王政が敷かれ、生徒たちはがんじがらめな制度の中を必死に生きようとしている状態でした。しかし、その制度ができる前、英智や敬人の手による最初の革命以前は、もっと混沌とした学院だったのです。詳しいことは実際にストーリーを読んでいただきたいのですが、荒れ果てた学院で現3年生や現2年生たちがどんな日々を過ごしてきたのか。どんな思いをしてきたのか。そのあたりが、「追憶」シリーズでは語られています。話数が多く濃密で、とても読み応えのあるお話です。現在実装されている分は

・追憶*マリオネットの糸の先:Puppet Show、Girls Talk、Dall House、Stand By Me、Imitation、Swan Song、Masquerade、White Rabbit

・追憶*魔法使いの糸の先:地獄の沙汰も、灰は空に帰す

・追憶*春待ち桜と出会いの夜:sparse flash、set theory、star gazer

・追憶*モノクロのチェックメイト:人殺しの歌、錆びゆく心、孤独な玉座

・追憶*それぞれのクロスロード:Chaos、Curse、Crowd

・追憶*流星の篝火:二年前、ヒーロー未満、一年前、ヒーロー失格

の全6イベント、全174話。このうち開催中の「流星の篝火」を除いた5イベント分が今回の無料開放対象ストーリーです。

 

しかしこの「追憶」、実装順と時系列順がかなりバラバラなうえ、ひとつのイベントストーリー内でもぴょいと時空が飛んでしまいます。さらに言うと、最近は追憶のつかない通常イベントでも突然過去の話が始まることがあり(私はこれを「追憶詐欺」と呼んでいます)、どれがいつの話なのかを整理するのがとても大変です。

ちなみに「追憶詐欺」、今のところはこれだけあります。

・迷い星*揺れる光、プレアデスの夜:モノローグ
・ノエル*天使たちのスターライトフェスティバル:プロローグ
・スカウト!十二支前編:dragon fruit
・生け贄◆不死者たちの復活祭:Reincarnation(1~4話)
・公演!悲喜劇のロミオとジュリエットロミオとジュリエット(10~11話)
・躍進!夜明けを告げる維新ライブ:モノローグ
・スカウト!アフタヌーン:一匙の甘い毒(5~7話)
噪音◆渦巻くホラーナイトハロウィン:NIGHTMARE(4~5話)
・駆け引き◆ワンダーゲーム:outbreak(5~8話、10~11話)infinite(6話)bluebird, redqueen(1話)
・鬼龍紅郎キャラスト:Folk Song

以上24話が追憶軸のストーリーです。イベント分と合わせると198話になります。

 

一応ストーリー画面で「過去」の時期を検索すればこれらがでてきます。ロミジュリバースだけは過去設定になってないのが謎なんですけれど。詳細画面を出せば何年前のの季節、というのも出てきますが、順番を並び替えることはできません。ぐう。

 

 

ということで、追憶年表つくってみました!

 

f:id:yuyuto_1:20190410160513j:image

f:id:yuyuto_1:20190410160801j:image

f:id:yuyuto_1:20190410160521j:image

だいぶ見にくくて申し訳ないのですが、縦が時間、横が人物です。追憶軸での主要メンバーを集めてみました。縦のかっこ内にはストーリーのタイトルを入れています。枠の関係でイベントタイトルは入らなかったので、上に書いたものを照らし合わせながら見ていただければと思います。

追憶は時系列順に読むとかなりわかりやすく整理されるので、これから読む方も二度目の方も参考にしていただければ…!ちなみにこれ作るのに4時間かかったので褒めてほしいです。

 

量が多いうえストーリー自体も重いものばかりの追憶、読むととても疲れると思います。20日で読むものじゃないです。精神の健康を一番に考えつつ、だけどやっぱり面白さは半端ないので、ぜひこの機会に追憶をよろしくお願いします…!

スタライ3rdの話

新年度ですねー!入学・入社される方はおめでとうございます!新生活大変だと思いますが適度に頑張ってください…!

私は学生生活最後の一年でして、シューカツやらソツコーやらと気の重いこともたくさんあるのですが、元気にあんさんぶるしながら頑張りたいと思います。ところで追憶やばないです?

 

 

さて本題に入りますスタライ見てきました!!!!

f:id:yuyuto_1:20190401160733j:image

もう…もう超楽しかった…スタライは最高…推しは世界一かっこよかったし担当は世界一美少女でした…

f:id:yuyuto_1:20190401160855j:image

実は今回、相方とふたりでシスコンビ宛にお花を贈らせていただいてました。現地に行った方は見てくださったかな…?2ndの時から次は出そうねって話していたので、実現できて嬉しかったです!

 

ということでここから公演のお話になります。ダンサー関係なくただのオタクの感想文になっちゃったので、いつもの枕詞は外しました。ダンスの話はするんですけど。それと、京都公演まで日数が開くこと、私の記憶が持たないこと、ver.RISEを今後見る予定がないことから、今回は最初からセトリなどのネタバレを含みます。京都参戦予定の方は読まないようお願いします。

そして相変わらず長いです…14000字あります(まじです)。お時間のある時に読んでいただければ幸いです。

 

 

 

○天下無敵☆メテオレンジャー(流星隊)

Trickstarが最初じゃないんだ!?って、完全にペンラをトリスタ装備にしてたので焦りました。今回6本持ったんですー!指の皮剥けたけど楽しかった!

曲に入る前にユニット紹介PVの話をするんですが、今回ずるくないですか…!?う、動くー!って叫んでしまった。いつもみたいにスチルバーン!ジャケ写バーン!だと思ってたので、完全に不意打ちでした…足元見るの好きです。衣装にも踊り方にも個性出てますよね。

一発目のメテオレンジャー、爆発と共に登場するの最高すぎました。流星隊のダンスは振り数が少なく、難易度は低め。その代わりカノン(同じ振りをタイミングをずらして踊る)を多用したり、みんなが違う振りをしたりすることで華やかに見せてるなと感じました。「筋トレでロックオン!」のとこ、奏汰くんが腹筋してるみたいにひょこひょこ動いてるの可愛いんですよね。下級生は「ロック」してるのかな…?と思いました。多分振付が決まってるとこ自体が少なくて、自由に動いていい箇所が多いんだと予想してます。みんなが思い思いに動くのでまじでスチャラカ集団でした!でもキメるとこキメるからかっこいい…しゃがんだり膝ついたりすること多くてかっこよかったです。奏汰くんが始終ふわっとしてるのに音に遅れているとかいうわけではなく、独特の世界観生み出してました。ステのキレッキレ奏汰くんも好きですがこっちはこっちでらしさがあって良いですね!

メテオレンジャーは台詞が入るので、表情豊かで楽しかったですし、台詞から振りに合流するところ(特にサビ前)が妙にリアルでよかったです…

 

○流星花火(流星隊)

太鼓〜〜!!!!ライビュだと顔アップになるのでわかるんですけど、みんなめちゃめちゃ真顔で叩いてるのじわる。最後に映る忍だけ満面の笑みなのでまた笑う。はっはっはっ!のとこ、翠だけ腕が伸び切ってないの図体のでかい奴あるあるでした。流星花火は照明がすごくきれいで、Aメロのひとりずつ歌うところがちゃんとその子のカラーのライト当たるんです。個人的に2番Aメロの縦に並んでずれていくとこ好き。あと鉄虎の「んんっ」が昔から好き。はっはっはっ!で場所移動するのも好き。やっぱり台詞が可愛くて好き。翠が「鬱だ…」って言った後、千秋が奏汰と顔見合わせてしょうがないなぁって表情してるの、追憶経た今だとくるものがありますね。あとどこか忘れたんですが、そもそも流星花火じゃないかもしれないんですが、どっかで奏汰くんが鉄虎と自撮りしてるみたいなとこありませんでした…?あれかわいかった。

流星花火コールがとっても楽しくて…!本気出したら腹筋筋肉痛になりました。よわ。字幕は出ませんがサビの「わっしょい!」「パッション!」も叫んでました。

 

○エメラルドプラネット(Switch)

やっと会えた担当。エメプラで始まってほしいってずっと言ってたので嬉しかった…始まり方も、音を操ってる感じでとてもよかったです。だいたいずっと泣いてた。

「光を紡ぎ〜」のとこ、私はこういう演出が見たくてSwitchをスタライに!ってずっと言っていたので、初っ端理想通りのものが見れて感動しました。さいこう…あと「Red, Blue and Yellow」の振りがかわいいです。イエローの時両手で自分を指す宙がかわいい。これも見たかったやつです。サビの振りは簡単なのでちょっと見ただけで真似できました。ばきゅんするとこが2回あって、それがとても好きです。

Switchまじでまじで純粋にダンスが上手くて、これは後述するんですが、どのジャンルも満遍なく踊れるんだなと思いました。エメプラはスタンダードなダンスミュージックで、縦ノリで均等にリズムを取っていく感じ。3人みんなに見せ場があるのいいですよね。

 

○Knockin' Fantasy(Switch)

心の扉をノックノックノック!(かわいい)

イントロからガンガンに踊り始めてびっくりしました。全体的にかわいらしい振付!ちょっと2winkみがあります。「ワクワク踊る」とか「Feel it Feel it 今日も」とか「ギリギリのこのライン」とか「ウキウキさせたくて」とかの振りがソーキュートで、特につむぎ…つむぎすごい楽しそうやん…と思いました…なのにときどき夏目くんが魅了の魔法かけてくるので気が抜けない。ノッキンおそろしい…間奏のダンスが純粋に好きです。

そう、つむぎ、なぜだかあんまり目がいかなくて。私が夏目くん推しだからっていうのもあるんですが、気になったので最後のライビュでガン見してみたんですね。そしたら、目がいかない理由は髪と眼鏡だということがわかりました。切れ。赤い糸だから切らない?そっかー…なら仕方ないな…

というのは冗談で、いや髪と眼鏡のせいで表情見えづらいのはほんとなんですが、彼は本当にサポートが上手いんですよね。動きに癖がなくて、普通に綺麗だから、目立たないというより浮かない。基礎がしっかりできてるんだなと思いました。次の曲はちょっと苦手っぽく見えましたが、それでも普通に上手いので…つむぎのスペックの高さを思い知りました。

 

○Temptation Magic(Switch)

好き(号泣)

照明めちゃめちゃよかったですよね…サビまではずっと暗めで、あやしげで、でも何かが起こってるぞっていうワクワク感があって。天才か?ラスサビ前もよかった。れっどぅーざまっじふぉーゆー!って叫びました。

これはダンスジャンルでいうと完全にロックで、イントロアウトロの振りにもあるU.S.Aをイメージしていただければ大体それです。USAすごい笑っちゃった…流行ってるもんね…さっきまでのかわいらしいテクノポップはどこいったの?ってくらいガシガシ重心下めで踊ってるのめちゃめちゃかっこよくて!Switchの芸幅広すぎ!宙は身軽でキレがあり、夏目くんはすごく余裕そうで、つむぎは綺麗で、3人のバランスがとてもよかった…宙に至っては無邪気な笑顔と色っぽい表情のギャップ激しすぎて、い、いちねんせいですよね…?ってなりました。

「傍観者にはさせない」で毎回傍観者だった彼らのことを思って泣いてしまうんですよね。テンマジだいすき…ただ「Switch」で絶対指パッチンしてくれる!と思ってたので、実際は謎ポーズでちょっと面白かったです。「この稲妻がキミを貫く」ではしっかり貫かれました。夏目くんがすき…………

 

○Gate of the Abyss(UNDEAD)【DEEP】

DEEPはアビス!まさかの復活祭衣装!え…えっちだ…

2ndで散々書いたのでもういいかなと思うんですが、サビの朔間大神シンクロ事変が健在でにっこりしました。衣装がおそろいなので更にわかりやすくなってます。あと、2ndとは違って後輩たちが先に出てくるのよかったですね…!ただ、アクロバット後の晃牙のふわふわヘアーが帽子に隠されちゃってたのはちょっと残念でした。好きだったので…

 

○Valentine Eve's Nightmare(UNDEAD)【DEEP】

やっ…………ばかった…………えっ何を魅せられた?と思いました。えっやばかった…なにあれ抗えない…UNDEADが女性アイドルグループだったら絶対網タイツにピンヒールで踊ってましたよね?腰つきが非常に…えっちで…あと朔間零の表情がいちいちやばかった。ステフェスのこみれ〜のこと思い出しました。

中合わせが前世から好きなオタクなので、どの組み合わせにもひぇ〜!ひぇ〜…って言ってました。でも晃牙と薫だけしないの、それはそれでめっちゃ良くないですか!?良い!!正直ファンサの嵐で振付のこととかなんも覚えてないんですよね。

で、あの、なげちゅー…すごかっ…完全に頭湧きましたなにあれ…UNDEADってすごいんだなぁ…会場全員が二枚看板の女になりましたね…

 

○Fight for Judge(Knights)【RISE】

RISEはこちらが最初でした!いやまさかトリ代表曲だったジャッジを最初に持ってくるとは…でも思えばこの逆をアンデが2ndでやってましたね…私はグレフルから始まる予想をしてたんですが、Knightsくんは新曲をラストに持ってきたいタイプなのを今回理解しました。

衣装が!ジャッジまんまだったので!最初から超テンション上がっちゃって!!あと曲前のMCも前回のアレンジでしたよねサイコー…

ダンスを同じく五人組の流星隊と比較しますと、Knightsは圧倒的に振り数が多いです。ワンフレーズに数個入る。それを流星隊と同じカノンの手法でずらし、見栄えをよくする。そして、流星隊と違って全員同じ振りなことが実は多いです。ダンスを見せたいんだなと思います。

 

○Article of Faith(Knights)【RISE】

2ndの映像何度も見て耐性つけたので、今回は最初から最後まで全力で応援できました!やっぱりちょっと泣きそうにはなったんですが!レクイエム後なので許してほしい。

2番の「強さを手に入れたんだ」、円盤やライビュなどの映像では司とレオが抜かれるんですが、逆側で泉と凛月と嵐(私は勝手に三騎士って呼んでます)が剣を掲げるように集まってるんです。現地でしか見られないのでぜひ見てほしい…

スタライのKnightsさん、VoS、CmK、SO、FfJの初期四曲は、前述しましたが「ダンスを見せるためのダンス」なんですよね。そしてそれは「勝つためのダンス」でもあります。技術力の高さを見せつけているわけです。けれどAoFは少し違って、「自分たちの思いを表現するためのダンス」に見えるなぁと思いました。間奏でファンサしに行ったり、ラスサビの振りがなかったり、そもそも振付がめちゃめちゃ簡単です。Knightsの心情の変化を思うと泣けてきちゃいます。はぁすき。

この曲始まる前に手拍子煽ってくれるんですが、月永くんなぜかお口が開いちゃってるのめちゃキュートでした。

 

○Play "Tag"(2wink)【DEEP】

イントロだけでべしょべしょに泣きました。今回1番泣いたのがここです…ライビュは特に、ティッシュ出さないと収まらないくらい泣いてしまった。今もこれ書くために流してて泣きそうです。

まずPV時点で「2wink〜!」って呼ばせてくれて、からのこの曲はずるい。「曖昧な冬と春を分けるように」って歌詞に毎回泣いてしまうんですが、照明が水色とピンクだったのでやっぱり泣きました。手拍子させてくれたのも嬉しかったなぁ…鬼さんこちら、手の鳴る方へ…

登場時が側宙だったの、2ndでは側転だったので、進化した!って勝手に思いました。泣いてたので振付に関しての記憶が全くないんですが、なんかぴょこぴょこしててかわいかったですね(?) 一瞬ゆうたくんがめっちゃお兄ちゃんぽい顔してたとこあったんですがどこだったかな…

衣装だけ惜しかった…謎チョイス…せっかくなので節分祭衣装で見たかった。作るの難しいんでしょうね。でもあの衣装のおかげで「どっちがどっち!?」状態になれたのはよかったです。青いのがひなたくんで緑のがゆうたくんですよ!

 

○薄紅色の約束(紅月)【RISE】

い、衣装、それかー!薄紅色くるだろうなとは思ってましたが、どうせならフラフェスで見たかった…

相変わらず扇子が美しくて見とれました。2番の「紅の月を」で颯馬と敬人が扇子合わせて月作ってて、それがあまりにも綺麗で…申し訳ないんですがこの曲に関する記憶がこれしかないです。なぜ。七夕衣装は手袋がえっち。

 

○斬―決意ノ刃―(紅月)【RISE】

そもそもこの曲が大好きなのでテンション上がりました。いつ見ても刀持ち出すとこでキャーってなる…1番2番の間に置いて、また拾って、っていう動作がリアルで好きです。バーチャルなんだからいろいろできるだろうにも関わらず、あえてそれを選んでるんだろうなと思います。間奏で先輩ふたりが刀と鞘で十字をつくる時、鞘を持っていない颯馬は腕を代用してるとことか、細かいんですが好きなとこです。そしてやっぱりこの曲は颯馬の刀さばきが断トツ上手いとこが目に見えます。振りかぶった時にブレがないんです。

振付自体はシンプルなのですが、そのぶん見せるのが難しいなぁ…と思います。この曲に限らず紅月のダンスってそんな感じです。細かい所作まで追求する必要があるというか…斬はひとりが歌っている間残りのふたりが同じ振りをしていることが多いのですが、並んで踊ってくれるのでニュアンスの違いがわかりやすく見えます。

 

○HEART→BEATER!!!!(Trickstar)

やっとトリスタのターン!「待ちきれないのさ歓声が呼んでいるから」って歌詞のこの曲で出てきてくれるの最高ですね〜、1stの記憶が蘇ります。さらに桜フェス衣装でやってくれるのがなんとも!2ndは大阪公演のライビュでしか聴けなかったので、久しぶりに現地で見れて嬉しかったです。

これは細かくて伝わらないスタライH→Bの好きポイントなんですが、ラスサビ前「ここはゴールじゃないから」を歌った後、真の後ろにゆっくり歩いていって、立ち止まって、上を向いて息吸って、音に合わせて下を向く真緒――が、好きです。円盤…見てください…

 

○CHERRY HAPPY STREAM(Trickstar)

季節ぴったりすぎません〜?今東京満開です!土曜日がAブロ端っこの最前で、銀テ発射砲の目の前に位置してたので、桜が降るとこよく見えました。ちょっと邪魔そうでした笑 でも後ろやライビュで見るとすっごく綺麗でしたね…この曲をこの衣装で踊るの最早定番なので、ずっと続けてほしい気持ちあります。MCでも「この衣装といえばー?」「サイリウムはピンクが似合うー?」って煽られてたの笑いました。

相変わらずサビ踊るのが楽しいです!最近同じように踊ってる方が増えて、サイリウムの動きシンクロすると嬉しくなります。チェリハピ最高に楽しい!

 

○MCパート

今回曲間でのMCは少なく、ここで我々を休憩(できなかったけど)させつつたくさん喋ってくれましたね!

スバル&真緒×流星隊:フルでの名乗りはついぞ聞けませんでしたが、ここで自己紹介が聞けました。奏汰くんは「きらっ☆」まで言ってくれる。個人的にステが若干解釈違いなので、アイドルの高峯にやっと会えたと思いました…!会えて嬉しいです、ってあの子に言ってもらえるのめちゃめちゃうれしい。高峯、踊ってる時も意外と楽しそう、というか笑顔で、一生懸命で、ちゃんとアイドル頑張ってるじゃんと褒めてあげたくなります。千秋に司会乗っ取られる真緒がかわいそかわいかった。

北斗&真×Switch:2A〜!北斗がSwitchのパフォーマンスを褒めてくれたのでPの私は「ありがとー!」と言ったのですが、相方には変な顔されました。担当が褒められたらお礼を言うのはPとして自然なことだったんですけどね?ふじょしの私としてはこのライブ中つむぎと「ウン」しか喋らない夏目くんに萌えてました。お返事してくれるんだ…あと宙の魔法にドヤ顔する夏目くん完全に親バカの顔だったし、それを見守るつむぎも親バカの顔してました。

スバル&真×UNDEAD【DEEP】:晃牙「愚民ども!」私「愚民だよー!」薫「たんぽぽちゃん♪」私「たんぽぽだよー!」零「嬢ちゃん」私「嬢ちゃんだよー!」アドニス「We are」私「UNDEAD!!!!」だいたいこんな感じでした。相変わらずMCになると知能指数が低くなるUNDEAD、推せます。

北斗&真緒×2wink【DEEP】:北斗と双子の師弟関係だいっすきなのでうれしかったー!漫才対決はしてください!晃牙の真似して客席煽るふたごちゃんパーフェクトすぎた…蹴り上げた脚が頭の上まで上がってて、やっぱりそこまで上がるんじゃん!ってひとりテンション上がってました。ほんとこの子たち喋りが上手くて、北斗はペースに乗せられちゃって、真緒がひとりで困ってるのがやっぱりかわいそかわいかったですね。吹き飛ばされちゃうのもソーキュート。

真緒&真×Knights【RISE】:絶対トリスタこのふたり当ててくると思ったので笑いました。嵐ちゃんの「初めてライブに来たみんなも、そこのあなたも」に「私!?」って思ったの、多分会場全員ですよね。レオくんの「ナルもKnightsも最高だ!」みたいなの、それを言うきみが最高だよ…と思った。あとどこか忘れたんですが、レオくん瀬名のなんらかの発言に腹抱えて爆笑してませんでした?凛月に関しては楽屋でやれって思いました。果たしてインカムは本当に壊れていたのでしょうか。それに比べて舞台上では真に絡みに行かないスタライの瀬名、ほんとに大好きです…解釈一致…!

スバル&北斗×紅月【RISE】:スバルくんが紅月のこと大好きでかわいい。颯馬の抜刀を止めるの逆に新鮮でした(?) この後の流星隊に続くとこがほんと最高で…2winkみたいに飛ばされるのかな?と思ったらまさかの事態の対処に当たるって!紅月が騒動を鎮圧しているうちに流星隊が元凶を叩くの、完璧すぎませんか。真っ先に気づく颯馬も、嬢ちゃんたちは俺が守ってみせるって言ってくれる鬼龍くんも、即座に裏方に回る判断を下す敬人もとにかくかっこよくて、完璧で、あの脚本書いた方に個人的に振り込ませてほしいです。ちょうよかった…

 

○SUPER NOVA REVOL5TAR(流星隊)

試聴の時からずっとずっと大好きな曲で、しかもあの衣装でやってくれたので、イントロからダダ泣きでした。オケが好きなので生演奏嬉しかった…!MCからの演出が最高で、ほんとにヒーローショー見にきた気持ちになって、全力でがんばれー!って応援しました。

間奏の一年vs三年、ストーリーまんまではしゃぎました。めっちゃかわいい。それと、私は流星隊の中だと鉄虎と翠を贔屓する傾向にあるので、2番のサビで鉄虎がセンターになった時すっごく楽しかったです。鉄虎、一年生の中だといちばんダンスが上手いです。シンプルに上手い。体できてるんだなって感じです。両脇を固めるのが三年生なのもいいですよね…

台詞部分は翠の「なんでここにいるのか、わからないけど…」が記憶喪失になった青年ぽくて面白かったんですが、奏汰くんの「あいをとどけにいきましょう」で泣きかけました。愛を届けられる人になったんだなと思って。

あっあと「神秘希望努力慈愛〜」のとこ振りかっこよかった…スパノヴァ全編好きすぎて、映像見ながらここ!ここ!って話したいくらいです。

 

○アンリミテッド☆パワー!!!!!(流星隊)

悪い奴を倒せた!みんなの応援のおかげだ!ありがとう!から始まるアンリミ無理すぎません?この曲のコールをするのが大好きなんですよ…!正式に流星隊!って呼べて、ありがとう!って言える機会を与えてもらえるの、このうえない幸せですよね。アンリミはしゃぎすぎてライビュでも相方とふたり大声出してたので、傍から見たらめちゃめちゃ流星隊Pでした。五色振ってたし。

スタステ1stの前、アルバム発売直後くらいの時、コールの練習をしようと思ってずっと聴いていた時期があるんですが、ブラック!グリーン!のとこ逆で練習してて…つまりは鉄虎!翠!って呼ぶ方をやってて、2番も同じで。今回やっと正規(?)の方言えました。こっちの方が簡単でした…なぜ自分から茨の道を…

コールに一生懸命だったので案の定振付飛んじゃってるんですが、蹴りが多くてかっこよかった…瀬名泉もびっくりの蹴り振りの多さです。「正義が負けない理由があるんだ」「大きな声で呼んでほしい」が会場全体を見渡してくれるような構図になっていて、声を届けられるの嬉しいなと思いました。がんばれヒーロー!負けるなヒーロー!追憶に脳を溶かしたので、京都ライビュで流星隊に会ったら絶対泣きます。

 

○Galaxy Destiny(Switch)

プレアデスを聖典だと思っているSwitchのオタク、リアルに崩れ落ちました。2ndのAoF初見時にも負けず劣らずの崩れ落ちっぷりでした。期待してなかったと言えば嘘になるんですが、このノリだとイースターかなと思ってたので…!

曲が始まる前の魔法に周りから「夏目くん…!」と恋に落ちる声が聞こえて面白かったです。またこの子は魅了の魔法使っちゃってー!こら!

全てが美しくて、ダンスも前半三曲に比べて落ち着いていて、サビはちょっとパラパラっぽくて面白かったんですけど笑 衣装がスカートっぽいので担当の美少女みが増してました。髪が長いのと顔が可愛いのと、ユニット衣装だとノースリから伸びる腕がすらっと長くて白いので、逆先夏目くんめっちゃ美少女なんですよね。でも背中を向けたつむぎと宙を従える夏目くんは五奇人の風格が漂っていてかっこよかったな…落ちサビのソロはボロボロ泣きながら見てました。綺麗すぎて。

終わったあと、みんな感極まってしまったのか拍手も歓声も出ない回があったんですが、光に包まれて消える彼らには思わず声が出ましたね。思えば1stのKnightsとかも消えたりしてたんですが、今思うとこの演出はSwitchにぴったりでした。

 

○ハートプリズム・シンメトリー(2wink)【DEEP】

2ndよりしんどくなかったの、多分Play Tagを先に見て泣いたからなんだろうなと思います。

これも2ndで散々言ったことですが、振りがほとんどシンメトリーなんですよねぇ。「大事にしたくて」のあと1拍置くとこで頷きあってるのが好きです。一緒にうんってしちゃう。

 

○歓迎☆トゥ・ウィンク雑技団(2wink)【DEEP】

さいっこーに楽しい!かわいい!この曲で体幹のブレない双子を見るのが好きです。前回よりコールの声も大きかった気がします、うれしい!

コントっぽいマイム振りがほんとに可愛くて、ふたりも楽しそうに見えます。自分たちの土俵!って顔してるんですよねー。まじでいつかジャグリングしてほしい!

 

○BREAKTHOROUGH!(Trickstar)

びっ…くりしたかっこよくて…びっくりした…イントロ(?)の真緒の動きが驚くほど高速なんですが、4回中3回サイリウムのカラーチェンジしてて見逃してるんです…

いやほんとにかっこよくて。AメロBメロは今までのトリスタの歌詞に沿った振りっぽいんですが、サビがとことんかっこいい…今までより格段に振り数が増えてました。でも「背中を押してくれたのは」あたりではみんなで集まって肩組んだりしてて、トリスタらしさはそこにありましたね。そして表情が…特にスバルが、すごく真剣な顔をしていて。笑わないわけじゃないんですが、かわいいイメージだったのに本当はスバルってかっこいいんだなというのを見せつけられました。みんな殺る気がすごかったので、私も力が入って、衣装のせいもあって赤いサイリウム振りたくなりました。

間奏のダンスちょうかっこよかった!四人で集まってスバルが前でしゃがんで十字になるとこかっこよかった…流星隊じゃないですが戦隊っぽくて。あとラスサビ前「強い輝きを放ってく」のとこだったと思うんですが、四人が拳を突き合わせるところがあって、そこが3rdシングルのジャケ写そのまんまで感動しました。

 

TRICK with TREAT!!(2wink)【DEEP】

春でもハロウィンパーティー!わざわざお着替え時間設けてくれたの実在してた…

当然のようにコール完コピしてるので気楽に見れました。振付なんですが、これは紅月の百花繚乱も同じで、合いの手のところにアクションを入れてくるんですね。これが結構難易度高くて、自分は歌ってないところ、自分のリズムじゃないところに無理やり振りを入れるので、曲に囚われすぎると音とるのかなりキツイんです。地味だけど毎回すごいなと思って見てます。

 

○花燈の恋文(紅月)【RISE】

季節感ぴったりー!いや恋文はもともと七夕の曲なので、どっちかというとこの曲をさっきまでの衣装でやってほしかった気持ちあるんですが、スタライは演出が春に寄せてるので…

2ndの時からバンドアレンジも照明もいっとう好きな曲なので、また見れて素直に嬉しかったです。振付はサビが特にすき!扇子の使い方が雅!同じ扇子振りでも薄紅色と恋文ではかなり違って、紅月の「和」の幅広さにはただただ感服しますね。

 

○百花繚乱、紅月夜(紅月)【RISE】

絶対これで締めると思った!RISEはDEEPに比べて圧倒的にコール曲が少なかったので、声出せて楽しかったです。ステの癖で最初と最後に「ハッ!」を増やしちゃうのはそろそろやめたい。

前述した合いの手に入る振り、トリトリよりこっちのが断然難しいです。歌ってないところどころか息継ぎのタイミングなので…それと間奏颯馬の剣舞、2ndでは赤いライトに緑のレーザーだったんですが、今回レーザーがなくて。剣舞終わったあとが青紫なのは変わらずだったので、勝手に颯馬が紅月を背負えるようになったんだな…とか思ってました。これ以上紅月のこと話すと追憶について話したくなるのでこれくらいにします。

 

○DESTRUCTION ROAD(UNDEAD)【DEEP】

早実家のような安心感。でもこれも現地で見たのは1stぶりでした!

当時も言いましたが間奏のアドニスのターンが好き。全くブレないので清々しくて!「世界をパンデミック」で拳コツンする二年生がかわいいし、なんかこの曲かわいいんですよね。

というか今気づいたんですが、サビのとこ薫「向かい風に」晃牙「爪を立てろ」アドニス「力づくで」零「夜を統べる」とそれぞれ対応した歌詞になってるんですね…!?すご!

 

○Melody in the Dark(UNDEAD)【DEEP】

は〜〜やっぱこれですよね!!たっのしー!!イントロのギターだけでテンション上がります。あと間奏のギターソロ、毎回ちょっとずつ違うので公演入る方は聴いてみてください!

2番Aメロがやっぱりすきですー。あとテンション上がってるのか零さんがちょいちょい人のマイクに割り込んでくるんですが、大体マイク遠いの笑います。「Labyrinth」のとことか。

前回前々回はトリスタが初めも終わりも担ってたので、今回両方別のユニットだったのが新鮮でした。ちなみに私はDEEPを先に見たので、土曜日の時点でRISEのトリがKnightsなのを察してお墓建てる準備してました。

 

○Silent Oath(Knights)【RISE】

衣装(死)

予想はしてたんですが…スタフェス衣装…全員裾が長いのがもうあまりにも綺麗で…特にSOは細かい足さばきの多い曲なので、足元にまとわりつく裾の動きが五人全員違って 、演算…!と思いました。

この曲のレオくんの表情が超好きですー…「傍らにいるだけでいい」のあとウィンクするんですがライビュで毎回抜いてくれない!見せて!振付的にはこまっかい音ハメが見事だなと思います。あとは毎度照明が綺麗。あとあと、キーボードの方が毎回アレンジ変えてきてるのも好きです。ありがとうございます。

 

○Grateful allegiance(Knight)【RISE】

幸せでした…ほんとに幸せでした。

AoFよりつらくなかったの、これはお姫様向けの曲だからなんですよね。AoFはお姫様の私が彼らのバックボーンを知ってる私になってしんどさと尊さの嗚咽が漏れてしまうんですが、GAはお姫様向けの曲なのでお姫様として聴けるしサイリウムが振れる。投げちゅーにキャー!って言える。「愛を込めて」にもキャー!!って言える。ダンス構成もそんな感じで、前述しましたがAoFを除く他の曲はダンスを魅せるための曲で、イコール技術を見せつける曲、イコール勝つためのダンス構成。AoFはみんなの心の内にある信念や決意をありのまま表現。これはそのどちらとも違って、郡での移動が多かったり(今までの曲は複雑で難解に見えるフォーメーション移動が多いです)、ひとりを独立して歌わせて目立たせる構図になってたり、明らかなファンサ振りが多かったり、ファン向けに作られているなと感じました。「手を取って」の年長組、同じ色の衣装なのでめちゃめちゃ強そうでしたね。あとスタフェス衣装で嵐ちゃんが真ん中にくると泣いてしまう…

間奏のカノン振りがとことんかっこよくて、ここだけはダンス見せたいとこだなと思ったんですが、先頭に立つレオくんがもうとにかくかっこよくてかっこよくて…手拍子煽りで口開いてた子とは思えなくて…はぁあ…月永くんのファンでよかったと心から思いました…

この曲終わったあとみんな放心状態で、すぐアンコールの声が聞こえてこなくて。メロダでギャーっと湧いて終わったDEEPとの違いを肌で感じて面白かったですね。

 

○Rebellion Star(Trickstar)

ここからアンコール!TrickstarはTシャツが似合うなぁ…

リベスタはサビ前とサビと間奏カノンとラスサビ前の振りが好きです!円陣に思わず加わってしまう。スタライ、見る度に私はTrickstarの一員だという思いが強まってきて(?)サビは振付に合わせてサイリウム振っちゃうし、四人と手を重ねちゃうし(??)なんなんでしょうねこの感情は…

ところでこれのフルPVそろそろ出るんですよね!楽しみ!

 

○ONLY YOUR STARS!(Trickstar)

原点〜!真がまた「僕たちが始まった歌」って言ってくれてべしゃべしゃになりました。OYSは原点にして頂点、永遠の名曲です。ちゃんちゃんちゃんって聴こえた瞬間サイリウムが振れる体になりました。

「集まったんだね」「思わなかった」で北斗の謎ポーズを真似するのがやめられません…助けて…バッ!ドヤッ!する北斗かわいすぎてだめなんですよー!愛しい!!これ2ndの時も言った気がします。

OYSって曲自体がキラキラしてて、照明も虹色に光ってて、サイリウムもいろんな色が光ってて、まさにOPのあの景色みたいなんですよね。

f:id:yuyuto_1:20190406161421p:image

この光景を見る度に、あんスタを好きでよかったと心から思います。

 

 

さてさて長くなりましたがスタライのレポは以上です…!が、ちょっとこっから推しの話するので、ここまででいいやって方は先にご挨拶を。なっがいのを読んでくださりありがとうございました!

 

 

ということで最高の推したちの話をします。

 

月永レオくん。スタライで会う度に「世界でいちばんかっこいい」と思います。身長小さいはずなのに全然小さく見えないんですよね。表情豊かで、曲によってガラリと雰囲気が変わる。スタライ永レオくんの97%はかっこいいで構成されています。残り3%はMCとかAoF間奏とか手拍子煽りで口開いちゃうかわいさです。でもそのかわいいを瞬時にかっこいいに変換するので、お姫様の私はもう息絶えだえなんですよね。そしてダンスがとにかく!上手い!推しの贔屓目はあるかもですがまじで断トツ上手いです…身のこなしが軽やかで、ステージ上の居方がとても自然。センターに立つに相応しい真の王。そして何より、誰よりも楽しそうに歌い踊るひと。レクイエムでアイドル楽しい!って言ってくれて、三年半アイドル辞めないでと言い続けた私が報われました。月永くんのファンでよかったです。これからも胸張って応援します!

 

逆先夏目くん。やっと会えた夏目くん。堂々と舞台の真ん中に立っている夏目くんは誰よりもきれいでした。いやほんと美少女なんですよ冗談でなく!美しかったです。レオくんが世界一かっこいい子なら、夏目くんは世界一の美少女でした。演出最高でしたね。きっとみんなで考えたんだろうなぁ。今回周りの方が夏目くんやSwitchのことをたくさん褒めてくれて、Pの私はとっても嬉しかったです。すごかったもんね!演出だけでなくダンスもとっても綺麗で上手だった。舞台慣れしてるなぁというか、余裕があるというか、夏目くんって本当に天才なんだなとしみじみ。一挙手一投足から天才が滲み出てた。五奇人と呼ばれるに相応しい立ち居振る舞いでした。あのほっそい体でつむぎと宙を従えてるのちょうかっこよかったよ。あとファンサが上手い!ちょっとした隙の微笑みとかウィンクとか表情のコントロールとか、全部計算の上で、十八番なんだなと思いました。やっぱり天才だ。Switchのステージは見てる間も終わったあとも幸せな気持ちだけが残っていて、あなたの魔法が素晴らしいことを知らしめることができましたね。会えてよかったです。またあのステージに行こうね。

 

 

そんな感じで、推しふたりが同じ舞台に立ったスタライ3rd、この世の幸福を詰め込んだみたいな公演でした。ほんっとうに楽しかったです!!まだ終わってないけど!!!京都ライビュ楽しみだなぁ…

その前に明日は感謝祭行きます!また推しふたりの中の人揃ってるし、担当ユニットに至っては全員揃うとこ見るの初めてなので、これもめちゃめちゃ楽しみです。あんさんぶるしあわせ〜!

最近の話

ご無沙汰しております!まさかの月イチ更新!いやなんか忙しくて…とりあえずスタライの前に近況報告だけしに来た次第です。

 

ええと、忙しさの原因そのいちとしましては、返礼祭を走っていました。

f:id:yuyuto_1:20190326110719j:image

しぬ…しぬ…って言いながらもなんとか2000位以内にいられました…つらかったです…

内容の話したかったのに気づけばプレイボールも終わっちゃいました。オレンジちゃんたちの3月でしたね!機会があればまた記事書きますが、私は彼らのゴールにとっても安心しました。レオくんが自分の意思でアイドルを続けてくれることが何より嬉しいです。卒業旅行はフィレンツェに行きたいと思います。

 

忙しさの原因そのに、返礼祭後すぐに記事が書けなかった理由でもあるのですが、ブリデに参加していました。つまりは原稿してました…せっかくの単独だから2冊出す!と言ったのがアホの極みで、2冊目はかなりギリギリ進行してました。でも単独公演めっちゃ楽しかったです!またあるといいなぁ。

 

そのさん、就活してました。というかしてます。今もWebテストなるものを受け、これからエントリーシートを書くところです…始まったばかりなのに既につらいので、励ましのお便りはいつでもお待ちしております。

 

あとはKステに行ったり推しの写真集発売を祝ったりなどしていました。Kステめっちゃ良かったです〜!!また会えますように!!これも公演中に記事書きたかったんですけど返礼祭のせいでむりでした。

 

 

そんな感じで春休みなのに春休んでないので、スタライ前に書きたかったコールとサイリウムカラーのまとめはできそうにないです。申し訳ございません…アンケートはまだ受け付け中ですので、気が向いたら答えていただけると助かります!

 

スタライも感謝祭も推しふたりが揃ってしまうので、幕張メッセに骨を埋める覚悟で参ります。あっあと刀ステに推しが出ることがわかったので、ステラボールにも骨埋めます。チケット取れるといいなぁ…

Switchの話

アイドルの方の…………(よく言うせりふ)

 

ワンダーゲーム後半ストに頭をやられ、とりあえずエレメントとプレアデスを読み返した結果、いろいろ話したいことがでてきました。基本的に感想やら考察はTwitterでしているのですが、どうにも量が多くなってしまいそうなのでこっちに書いてみようと思います。かなりとっちらかったものになりますが、よろしければお付き合いいただけると幸いです。また、私は筋金入りのつむ夏の腐女子なので、そういう視点が入ります。当然のようにネタバレを含みます。

 

 

※当ページは、Happy Elements株式会社「あんさんぶるスターズ!」の画像を利用しております。

 該当画像の転載・配布等は禁止しております。

 ©Happy Elements K.K

 

 

①つむぎと夏目の「幸せ」

f:id:yuyuto_1:20190221141246j:image
f:id:yuyuto_1:20190221141250j:image

f:id:yuyuto_1:20190221141424p:image
f:id:yuyuto_1:20190221141442p:image
f:id:yuyuto_1:20190221141430p:image
f:id:yuyuto_1:20190221141518p:image
f:id:yuyuto_1:20190221141414p:image
f:id:yuyuto_1:20190221141534p:image
f:id:yuyuto_1:20190221141448p:image

f:id:yuyuto_1:20190221152502p:image
f:id:yuyuto_1:20190221152456p:image
f:id:yuyuto_1:20190221152508p:image
f:id:yuyuto_1:20190221141457p:image
f:id:yuyuto_1:20190221141526p:image
f:id:yuyuto_1:20190221141436p:image

f:id:yuyuto_1:20190221152619j:image
f:id:yuyuto_1:20190221141548j:image
f:id:yuyuto_1:20190221141453j:image
f:id:yuyuto_1:20190221141503j:image
f:id:yuyuto_1:20190221141552j:image
f:id:yuyuto_1:20190221141419j:image
f:id:yuyuto_1:20190221141543j:image
f:id:yuyuto_1:20190221141539j:image

順番に幼少期→再会→五奇人討伐期→討伐後→春→夏→冬です。

もともと小さい頃のつむぎは「夏目と一緒に」幸せになることを望んでいたようです。が、fineによる五奇人の討伐で、つむぎは夏目を傷つけるという罪を犯しました。再会したにも関わらず、彼らの道は一度違えてしまいます。

革命が終わり、二人はまた手を取り合って生きることを決めます。しかし、ここに齟齬があったのではないかなと私は思いました。つむぎはしきりに「贖罪」とか「義務」とかいう言葉を口にするのですが、たぶん夏目にとってはもうそんなものどうでもよくて、一緒に幸せになりたいから一緒にいたい、不幸だって一緒に背負うから一緒にいたい、ただそれだけを望んでいたように思えるのです。それなのにつむぎは自分の幸せはどうでもいい、夏目(と宙)が幸せなら俺はどうなっても構わない、みたいな言い方をします。それが夏目は気に入らなくて、ワンダーゲームのスチル部分に至りました。

けれどそれは夏目の勘違いで、つむぎはきちんと自分も含めた幸せな未来を考えていました。つむぎにとっても、夏目やSwitchと共に歩む未来が一番幸せなことだったのです。

めでたしめでたし。

f:id:yuyuto_1:20190221142747j:image
f:id:yuyuto_1:20190221142744j:image
f:id:yuyuto_1:20190221142738j:image

(「バ〜カ♪」が可愛すぎて夢に出そう)

 

②つむぎにとっての夏目の笑顔

f:id:yuyuto_1:20190221144112j:image
f:id:yuyuto_1:20190221144107p:image
f:id:yuyuto_1:20190221144100p:image
f:id:yuyuto_1:20190221144124j:image

昔から、つむぎは夏目の笑顔が好きだったんですね。改めて読み返してみると、つむぎは「夏目くんに笑ってほしい」と何度も言ってたんです…

f:id:yuyuto_1:20190221144242j:image

f:id:yuyuto_1:20190221144254j:image

そしてそれは夏目にとっての宙の笑顔と一緒です。Switchは笑顔の連鎖を届けるユニットなので。

f:id:yuyuto_1:20190221144410j:image

 

③運命

f:id:yuyuto_1:20190221153445j:image
f:id:yuyuto_1:20190221153449j:image

f:id:yuyuto_1:20190221144509j:image
f:id:yuyuto_1:20190221144513j:image
f:id:yuyuto_1:20190221144518j:image

運命という言葉に弱いおたくなので、ここ読んだ時リアルにヒエッて声出ました。というのも、Galaxy Destinyという曲の中に「僕たちの出会いを運命にしよう」という歌詞がありまして…プレアデスで宙と夏目の出会いを聞かされた時に「運命じゃん!!!」と叫んだ記憶があるので、つむぎ-夏目でも運命という言葉が出た今回のワンダーゲームで、完全にSwitchが運命で結ばれたユニットであることが確定しました。

f:id:yuyuto_1:20190221145726p:image
f:id:yuyuto_1:20190221145732p:image

じゅうぶんロマンチックですよ!!!

ちなみに五奇人は「わがまま/いたずらな運命で惹かれあった」らしいです。明らかに作為的に選ばれたのにも関わらず、かけがえのない友に巡り会えたことを「運命」として喜ぶ彼らが好きだなぁと思います。

 

④つむぎの痛み

f:id:yuyuto_1:20190221145512p:image
f:id:yuyuto_1:20190221145437p:image
f:id:yuyuto_1:20190221145536p:image
f:id:yuyuto_1:20190221145454p:image
f:id:yuyuto_1:20190221145500p:image
f:id:yuyuto_1:20190221145443p:image
f:id:yuyuto_1:20190221145507p:image

f:id:yuyuto_1:20190221152408p:image
f:id:yuyuto_1:20190221145431p:image
f:id:yuyuto_1:20190221145518p:image

f:id:yuyuto_1:20190221152323j:image
f:id:yuyuto_1:20190221145525j:image

痛みに鈍感で、いつも一歩引いていて、傷つくことがわからなかったつむぎ。並べてみると、一年間で彼がどれだけ人間らしくなったかがわかって泣けてきます。特に夏から冬にかけての変化が顕著です。それもこれも夏目が根気よく(?)つむぎを殴り、「これが痛いってことだヨ」と教えてきたからなんですよね…宙によると夏目の暴力は愛情表現なのです。つむぎを人間にしたのは夏目なんですよね。

 

⑤超越者の夏目

f:id:yuyuto_1:20190221151145p:image
f:id:yuyuto_1:20190221151152p:image
f:id:yuyuto_1:20190221151202p:image
f:id:yuyuto_1:20190221151134p:image
f:id:yuyuto_1:20190221151158j:image

一方で、五奇人に選ばれ怪物として恐れられた夏目は、実はただの人間でした。天才ではあるけれど、「普通の天才」。にいさんたちとは比べものにならない。

f:id:yuyuto_1:20190221154233p:image

f:id:yuyuto_1:20190221151359p:image
f:id:yuyuto_1:20190221151340p:image
f:id:yuyuto_1:20190221151334p:image
f:id:yuyuto_1:20190221151414p:image
f:id:yuyuto_1:20190221151407p:image

けれど、彼は拒んでいた五奇人に、天才になることを夜空に誓います。このシーン大好きなのでたくさんスクショ出しちゃってすみません。

f:id:yuyuto_1:20190221151605j:image
f:id:yuyuto_1:20190221151602j:image

ワンダーゲームでも躓きはしましたが、自分で立ち上がってより良い道を探し始めます。夏目くんのこういうところが私は好きです。

f:id:yuyuto_1:20190221151658j:image

f:id:yuyuto_1:20190221151816j:image
f:id:yuyuto_1:20190221151826p:image
f:id:yuyuto_1:20190221151821j:image

そして、夏目がここまで大きくなれたのは、つむぎがいつでも夏目を一番星として見ていたからだと思うんです。つむぎを人間にしたのが夏目なら、夏目を超越者にしたのはつむぎなんです。五奇人に選んだこともそうですが、ファンがいなくてはアイドルになれないので。

 

⑥つむぎを理解したい夏目

f:id:yuyuto_1:20190221145529p:image
f:id:yuyuto_1:20190221152602j:image
f:id:yuyuto_1:20190221152624j:image
f:id:yuyuto_1:20190221152606j:image
f:id:yuyuto_1:20190221152613j:image
f:id:yuyuto_1:20190221152609j:image

①とも繋がるんですが、つむぎはずっと自分を犠牲にして夏目の幸せを求めていました。夏目はどうしてそんなことをするのかわからなくて、ずっとつむぎを知りたい、わかりたい、理解したいと思っていました。

f:id:yuyuto_1:20190221152827j:image
f:id:yuyuto_1:20190221152832j:image

f:id:yuyuto_1:20190221152932j:image
f:id:yuyuto_1:20190221152929j:image

その甲斐あってだいぶわかるようになったみたいです。よかった!

 

⑦支えあって生きる二人

f:id:yuyuto_1:20190221153532p:image
f:id:yuyuto_1:20190221153539p:image

f:id:yuyuto_1:20190221153648p:image
f:id:yuyuto_1:20190221153642p:image

前述の通り、二人はかなり未熟でした。手を取って、一緒にいることでやっと立っていられるくらいでした。初めから、一緒にいる以外の選択肢はなかったんですよね。実は相性が良かったんだなと気づきました。

 

⑧つむぎの髪の毛

f:id:yuyuto_1:20190221154356p:image
f:id:yuyuto_1:20190221154401j:image
f:id:yuyuto_1:20190221154405j:image
f:id:yuyuto_1:20190221154351j:image

エレメントからの謎だったこれ、いや、ずるくないですか……夏目に出会うための、夏目と共にいるための、髪の毛……うわぁ……

そしてこれは私の勝手な妄想なんですが、夏目のひと房だけ長い髪の毛、あれ、赤い糸っぽく見えません…?

 

⑨宙の存在

f:id:yuyuto_1:20190221154703p:image
f:id:yuyuto_1:20190221154654p:image

宙は名言が多すぎてスクショ抜くのに苦労したんですが、やっぱりこれかなと…先ほど「ファンがいなくてはアイドルになれない」と言いましたが、つむぎと夏目にとっての宙、宙にとってのつむぎと夏目って、まさにこの関係なんですよね。あんスタはその性質上ファンの存在があまり詳細に描かれませんが、Switchはユニット内で健全なアイドルとファンの関係を築いています。宙が憧れるから、夏目やつむぎはかっこよくいられる。かっこいい夏目やつむぎを見て、宙は更に憧れを抱き、成長する。宙がいなかったらもっと早く破綻してた気がします笑

 

⑩おまけ つむぎと英智

f:id:yuyuto_1:20190221155027p:image
f:id:yuyuto_1:20190221155016p:image
f:id:yuyuto_1:20190221155036j:image
f:id:yuyuto_1:20190221155033j:image
f:id:yuyuto_1:20190221155022j:image

かつて英智は「契約上の友達」としてつむぎを繋ぎ止めるためにお金を出したわけですが、今回は純粋に友達のために支援をした、というこの対比が…泣けました…Switchに関しては大団円!実質返礼祭!って感じでだいぶ満足しているのですが、この二人については卒業ライブ後にカラオケ行ってくれるまで見せてくれないと成仏できません。よろしくお願いします。

 

 

と、また長々喋ってしまいましたが、考えを整理できたのでよかったです。いつも以上に自己満足度の高い記事ですが、ここまでお付き合いいただきありがとうございました!ワンダーゲームありがとう!!Switchよ永遠に!!!

 

──と言いつつも一週間もしないうちにKnightsの返礼祭に死ぬんですよね。こわいなぁ。