バレエの話

ご存知の方が多いとは思うんですが私は大学でダンスを学べる学部に在籍しておりまして、その卒業公演が先日無事終演しました。普通に身バレしそうですね。調べないでください笑

 

正直私は入学した時から3年生の春までずっと大学を辞めたいと思っていました。それまでバレエしかやってこなかったので、他のジャンルのダンスが全然踊れない自分に絶望して、ちょっぴり頭の良い高校だったので周りの知能指数の低さにびっくりして(実際はただただ私の驕りだったんですが)、元々友達づくりが下手な人間だったのでグループ形成についていけずに気づいたらぼっちになっていて、毎日校舎裏でお弁当食べてました。外面だけはよかったので授業はギリギリまでサボりながら単位を取って、適当に実技をこなして、でも全然楽しくないまま大学生活を送っていました。唯一楽しかったのはバレエの授業だけでした。バレエを踊ってる時だけは生きてるって感じがしてました。だから坂登ってる時の真波くんの気持ちがめちゃくちゃよくわかります。閑話休題

それでもやっぱり大学を辞めたい、バレエも辞めてしまいたいと思った時はあって、そんな時に引き止めてきたのは「バレエを諦める私を私は許せない」という意地でした。実はすごく負けず嫌いなんです。長年続けてきたものを簡単に投げ出すことはどうしてもできなくて、結局私は留まることを選びました。

3年生で研究室活動が始まって、秋にひとつ舞台があって、それがすごく楽しかったので、ここ一年はかなり幸せに過ごしていました。初めて心から「仲間」と呼べる人たちに出会えて、作品のために日々切磋琢磨して、当たり前みたいに居場所を作ってくれていたけれど、友達皆無だった私にとっては奇跡みたいな日々でした。バレエの技術的にも伸び悩んでいたのですが、心から尊敬できる先生と仲間にたくさんご指導いただけたおかげで、苦手だったピルエットがそこそこ回れるようになりました。小学生の頃からずっと学校が嫌いだったのに、いつの間にか毎日学校に行くのが楽しみになっていました。

卒業公演までの日々は「青春」と呼ぶに相応しいもので、がむしゃらに頑張って、毎日卒公のことを考えていて、とにかくひたすらに踊っていました。めちゃくちゃ楽しかったです。めちゃくちゃ幸せでした。本番の舞台が最高潮に幸せで、私は見られてる方が燃えるタイプなので、満員の客席が何より力をくれました。

 

私にとってバレエは人生そのもので、4歳からずっと世界の真ん中にあるものでした。でも、就職したら初めて世界の真ん中ではなくなります。それが寂しくて悲しくて、あと大好きになった場所から卒業するのも寂しくて悲しくて、泣きじゃくった挙句数日間ぼーっと過ごしていたのですが、なんとか魂が戻ってきました。中心でなくなってもバレエは私の一部です。私という人間を作っている大きな要素です。多分一生バレエから離れられないし、一生大好きでいると思います。

Twitterのフォロワさんたちが本当に優しくて、おたくの私と付き合っているはずなのにおたくじゃない私のことも肯定してくださって、私は私でいいんだなと思えました。たくさん暖かいお言葉をくださってありがとうございました。

f:id:yuyuto_1:20200124214017j:image

とりあえず一区切り。これからも踊るオタクとして頑張っていきます!