私とあんさんぶるスターズ!の話⑦ 舞台編

 ネタがなかったので募集したところ「舞台について」でいただいたので、今日はあんステの話です〜!ちなみに明日以降のネタも引き続き募集中ですので、よろしければマシュマロお願いします…!

yuyuto-1.hatenablog.com

ここでもちょろっと書いちゃったんですけどまぁいいか。ステは初演から全作現地で観てるし、ファンディスク含め円盤も全部持ってるので話せること多そうです。

 

 

メディアミックス編でも書いた通り、ステの1番の醍醐味は「生身の人間がキャラクターを演じている」ことだと思います。これはあんステに関わらず全ての2.5次元作品に言えること。画面や紙の中にしか存在していなかったキャラクターが、自分と同じ血のかよった生き物として目の前にいるって、すごくないですか…!?画期的!

あんステは特に原作がああいう感じで、特に初演の頃は喋っても一言だけ。動いても一動作だけ。の状態だったので、いきなり等身大の人間があんさんぶるスターズの世界を表現し始めたことはかなりの衝撃でした。しかも初演の第一声って嵐ちゃんですからね。ご本人すぎる。あそこに嵐ちゃんを持ってきたことはあんステ1番の功績だったと思いますまじで。

 

*初演

そんな初演の思い出から!

ゲネと本公演とライビュを観たのかな。今は亡きアイアシアターですよ。もう遠い昔のことなので当時の記憶は朧げですが、あまりにリアルだったので39話のところで「席を立たなきゃ…」と思ったのを覚えています。あとあんスタでサイリウム振るのこれが初めてで、当時はまだ1本しか持ってなかったな…サイリウムはキンプリの応援上映のために買いました。どんどん増えてます。

サイリウム以外もとにかく初めての連続で、ユニソン(当時まだ第一弾しか出てなかった)を作中で聴くのももちろん初めて。ドリフェスってこんな感じなんだ…と感動しました。あとほんとにアイドルなんだなとも思いました。さすがにステのライブシーンは念話しなかったですが。

 

*TYM

本公演とライビュに行きました。ここからサイリウム2本持ちだったかな?あんまり覚えてないです。JoKの時は2本持ってたはず…

これまた3年以上前なのでうろ覚えですが、流星隊が見れたことが1番嬉しかったです。個人的にライブが見たいユニット1位がずっと流星隊だったので、初演の1人メテオレンジャーも印象深かったので、5人揃った流星隊に初めてリアルで会えたことはすごく幸福でした。

あと前山英智がも〜すんごかった。当時ちょっと演劇をかじっていたのですがよく注意されたのが「歩き方」で、バレエをやっているが故にフラットな歩き方ができなくて、永遠にスタジオをぐるぐる歩かされたりしてたんです。前山さんの英智は歩き方がめちゃくちゃ『皇帝』でびっくりしたのをよく覚えています。

 

*JoK

墓場舞台(お墓に円盤を持って入りたい舞台のこと)そのいち!

JoKも3年弱前のことですが、こちらはよく覚えてます…そもそも最初の告知がチェックメイトのイベント中にあって、とにかくチケットが取れなくて、でもなんとか初日の席をもぎ取って、公演当時は体育祭のイベント中で、たぷたぷしつつガタガタ震えながら会場に向かいました。これも今は亡き(ないわけではない、使えないだけ)シアター1010でしたね。

Knightsが、レオくんが、すごく好きだなと思った公演でした。この時まだスタライもない頃だったので、生身のレオくんはこれが初めて。破天荒だけど繊細で、アプリよりごはん食べてそうな月永くんでした。あんステにとって初のエクストラステージをKnightsに任せてくれたこと、メインストーリーの険悪なKnightsより先にジャッジメントを見せてくれたこと、とても感謝しています。JoKのおかげでTSFを乗り切れました。

 

*TSF

まずほとんど全員キャス変なく迎えられたことが嬉しくて、発表された時は家でパジャマのままシンシャ踊ってました。鬼龍紅郎推しの相方に合わせて鬼龍くんお誕生日公演を取ったら、会場で神尾さんとすれ違うというミラクルも起こりました。

ペダステWINNERくらいの熱量があって、現地で観劇した時はものすごく圧倒されました。本気で全員が勝ちたいと思ってた。あとで円盤発売された時バクステでゆづだったかな、「今日も負けます」と悔しそうに言ってて、まじでペダステWINNERじゃんと思いました。あれこれ幻覚だったかもしれないです。今度確認します。

やっぱり思い出深いのは大楽でレオくんを呼んでくれたことですね…このために月曜昼が最後だったのか!と思いました。まぁ本編は前日のものとかいうちょっとよくわからないものでしたが。あとKnightsがCmK歌ったことだけはちょっとまだ理解できてないです…

 

*ステフェス

ほんといろいろありましたが、公演自体はたくさん楽しんだし、たくさん泣いたし、幸せだなぁと思わせてくれました。横浜公演に2回参加しました。

普通にステのライブが楽しかったので、追加ユニット出揃ったらまたやってほしいなと思ってます。この時初めてレオくんにファンサ貰いました。ちなみに私はステにファンサ目的のうちわ、スタステに感謝を伝える用うちわを作って持っていきます。スタライには作りません。

ステフェスは推しの贔屓目抜きにしてもKnightsの演出がめちゃくちゃ好きです。Knightsほんと…すごい良い思いをさせてもらって…FfJ前にレオくんがひとりずつ名前を呼んでいくところ、あそこでスオ〜って聞けたの本当に嬉しかった。曲もJoKでは歌ってなかったCメロ部分歌わせてくれて、エスコートでレオくん出してくれて、CmKではまた椅子出してくれて。愛されてました。

 

*MoM

キャス変の絶望と共に迎えたMoM。通い慣れた銀劇。とにかく自分の目で見て判断したかったので初日を取りました。結果それが正解だったなと思います。

とーにかくヴァルがよかった。MoMはその一言に尽きます。ヴァルがよかった。本物のValkyrieだった。ヴァPのみならず様々な転校生がMoMに狂っていくのは見ていて面白かったです。

思い返してみればインフルでの休演とかありましたね…あと大楽カテコのあれとか。あんステ史上1番波乱を含んだ公演でした。無事に終わってよかったですね。

 

*DR

なんか普通に良かった!普通に楽しかった!と思ったのがDR。すっかりあんステに慣れきった奴の発言ですね。特に推しがいたわけでもないのでリラックスして観てました。

いやちゃんとクロスロードはしんどかったんですけど。ちょうどアニメがエレメントだったので、朔間零の孤独が手に取るようにわかってつらかった…宮澤くんの敬人は2年生の方が合うなと思いました。あと千秋しんどかった、キャス変なしで篝火見せてください。

脚本構成がかなり謎だったし、2幕に至ってはあんステじゃないからね!あんミュだからね!って感じでしたが、それも含めて笑って面白かったね〜って言いながら帰れたのでよかったです。

 

NBS

墓場舞台そのに!もう大好きですNBS

大好きなSwitch、大好きなプレアデス。キービジュの件は未だもやもやしていますが、それはそれとしてどうしてもSwitchを見たくて名古屋遠征もしました。もう1ヶ月以上経ったんですね。

最初はどうして春待ちとプレアデス?と思いましたが、DRと違ってものすごく綺麗に繋がっていて、それでTrickstarが真ん中なことも納得できました。2幕はほとんどスバルと夏目のW主演でしたし、いやまぁそうするならオフィシャルでそういう扱いをして欲しかったんですけど、この話は長くなるので割愛します。

NBSは記憶が新しいのでたくさん語れちゃうなぁ。まず、夏目くんが本物の夏目くんでした。アプリからそのまま出てきたような、正直なところアニメの夏目くんよりもイメージ通りで、語尾がカタカナになる喋り方ってこんな感じか!と感動しました(アニメの夏目くんが語尾を意識していないのがわざとであることは承知しています)。そしてSwitchのほかふたりも最高で、JoKと同様Switchが、夏目くんが、すごく好きだなと思えました。

NBSは観劇後とにかく幸せな気持ちで終われるところが好きです。それがまさにSwitchの魔法なんですよね。リクアワでこだまさおり神もおっしゃっていましたが、ステージが終わった後も幸せが持続する。Switchを応援していて一度も悲しい気持ちになったことがないの、本当にすごいと思います。

 

 

そんな感じで、NBSだけやたら長くなってしまいましたがあんステの思い出話でした!今のところ情報は出てませんが続くと思ってるので、次回作が楽しみです。三毛縞出すために篝火と藤祭か維新かなぁ。今年は現場が少なめなので、秋くらいに来てくれると嬉しいですね…!

 

 

ズ!!リリース日に関して今日は何も出ませんでしたが、引き続きブログ書きながら待とうと思います。ネタ提供のほどよろしくお願いします…!

marshmallow-qa.com