私とあんさんぶるスターズ!の話⑤ リアルイベント編

ねぇリクアワ聞きましたか?見ましたか?MVやばくないですか…???

急にそういうことするじゃんあんさんぶるスターズ…だから大好きなんだよ…

 

メンテ最終日ですよ〜!長いようで短かったですね!無事にリリースできますよう…!

 

 

さて今日はリアルイベントの話です。ライブとかキャスイベとかの話。

ありがたいことに大きめのイベントは1年目のドリフェス(CD発売イベ)以外ほとんどライビュ含め参加できていて、さすがにひらパーとか富士急とかピューロとかのステージは行けていませんが、それでも結構出席率は高い方なんじゃないかなと思います。ということで今日はそんな参加したイベントごとの話。

 

 

□スタライ

1st〜4thまで全て複数回現地参戦してます。ライビュも見てます。このブログを読んでくださっている方はご存知かと思いますが、私はスタライがとにかく好きです。とことん愛で作られているから。

このツイートに特に象徴されているのですが、スタライってめちゃくちゃ「リアル」を追求してくださってるんです。

身も蓋もない話をすると、スタライって偽物じゃないですか。私たちがどれだけペンライトを振っても、それは用意された映像に反射するだけで、キャラクター本人に届くことはない。上のツイートに添付された楽屋のドアの向こうに、キャラクターたちはいない。虚構です。けれどスタライを楽しんでいる人たちは、運営さんを含め、誰もそれを虚無だなんて言わないんです。むしろ大勢の人が同じ「夢」を見ているのがスタライなんです。

これはどんなに技術やお金があっても成立することではなくて、絶対に愛が必要なんですよね。最高の嘘を作るという制作の愛、その嘘を信じ抜くという観客の愛。嘘は夢になり、夢は現実になる。そんな素敵な世界の一員になれるスタライが私は大好きなんです。

思い出話なのですが、1stの公演当時、私は本当に月永くんが好きなのかな、Knightsが好きなのかな、とかなり不安に陥っていました。というのも、当時いろいろあってレオくん周りが炎上してたんですよね。その日は土砂降りの雨で、落ち込んだ気分のまま寒さに震えながら会場に入りました。ライブハウスに入ることもアイドルのライブに来ることも初めてだった私の前に、ついに月永レオくんが登場して、私はそこで、心からこの人が好きだと思いました。一挙手一投足がキラキラしていて、笑顔が眩しくて、気づけば夢中でペンライトを振っていました。忘れもしない2017年10月29日、私はスタライに命を救われたんです。この思い出がある限り、私は永遠に月永くんが好きだなと思います。

 

□スタステ

スタライとはまた別ベクトルでものすごい愛を感じられるのがこのスタステです。私は1stを昼夜現地、2ndを夜ライビュ、3rd昼夜現地予定でいます。2ndに関してはかなり悲しい思いをしたのですが、それは別に誰が悪いとかでもないので置いといて。

スタステはとにかくキャスト陣の愛を感じます。声優さんなので歌やダンスは本職でないはずなのに、技量にも個人差があるはずなのに、たくさん練習して少しでもキャラクターに近づこうとしてくださっている。2ndの円盤にオーディオコメンタリーがついているのですが、そこでもたくさんのエピソードを話してくださっています。あんさんぶるスターズ!のことをたくさん愛してくださってるんだなということがひしひしと伝わってきて、本当に嬉しくなります。曲中の台詞を変えて歌ってくださるとことかも好きです。

あとスタステは衣装や振付がすごくて、2ndからは照明もなんですが、プロの意地を感じます。前述の通りキャスト陣は声優さんで、キャラクターに特に似ているわけではないのに、キャラクターらしさを押さえつつもその人に似合う衣装を用意してくださってるんですよね。別のアイドルもの声優ライブでキャラクターに寄せすぎて「ちょっとその衣装どうなんだろう……」と思ってしまうようなものも見ているので、スタステの衣装班はほんとにすごいなと思います。振付も、これは特に1stで感じたことですが、ダンスが得意な方にはたくさん動いてもらって、苦手な方には少しの動きで見栄えのいいものを当てています。結果そこまで難しい動きでなくてもそれっぽく見えるようになっていて、これもまたプロの仕事だなと舌を巻きました。

スタライに命を救われた話は前述の通りですが、実はスタステにも救われていて、1st当時ものすごい鬱期だったんです。もともと私は春が苦手で、その時も心身共にかなり落ち込んでいました。そんな時、推しユニいないから今日は介護要員だな(1stは相方の推しユニ揃い踏みだったので)と思いながら参戦したライブで、たくさんパワーを貰ったんです。特に流星隊に夢中になって叫んでいるうちに心のもやもやが晴れて元気になって、それ以来私はスタステの流星隊が1番好きだと思っています。

3rdが開催されるかまだわかりませんが、個人的に2ndでの雪辱を果たしたいので、どうにか無事に行われるといいなと思っています。

 

□感謝祭

感謝祭は2周年夜の部現地、3周年昼夜現地、4周年昼現地夜ライビュだったかな。今のところ毎年楽しませていただいてます。

映像化してないので記憶が朧げなんですが、1番思い出深いのは3周年の時です。弱ペダコラボの発表があって、昼夜共に椅子から落ちました。迷惑。夜は知っていた情報のはずなのに椅子から落ちた訳としては、逆先夏目くん役かつ黒田雪成くん役ののじけんさんが「ボクは徹するヨ」みたいなことを言ったからです。ちなみに昼はKnightsのキャストがペダステ始めてた記憶。そういえばこの間池袋の弱ペダオリショに行った時、あんスタコラボのイラストが段違いに綺麗で感動しました。閑話休題

感謝祭も毎回キャストさんたちの愛を感じて幸せな気持ちになるのですが、4周年の時は逆にファンの愛を伝えられた場になったなと思いました。Trickstarのキャストがほとんど初めてあんスタのステージに出演して、ほとんど初めて直接ファンと触れ合う場になったんですよね。「まさかここまでとは思ってなかった」というようなことを何度もおっしゃっていたのが印象に残っています。謎にやってやったぜみたいな気持ちになりました。

 

□アニメ関連

1話2話の先行上映会と、23話24話の上映会にライビュで参加しました。あれもまた楽しかったなぁ…特に先行上映会の方は、みんなで直前まで「ほんとにアニメある?」って疑いながら行ったのが面白かったです(?) ほんとにアニメがあったので感動しました。最終話の方はほとんどずっと泣いてて、でも直前に月スタで朔間零と天祥院英智の中の人たちがくだらないゲームやってたの見てたので、その2人のシーンはちょっと笑っちゃいました。あとクリスマスプレゼント嬉しかった。

よくよく考えるとあんスタって声優さんの「ここはこんなこと考えて演じました」「ここがお気に入りのシーンです」っていうようなお話を聞く機会がほとんどなかったので、そういった意味でも新鮮なイベントでしたね。ファンミも楽しみ!

 

□各種コラボ

ライブとかキャスイベとかではないですがこれも思い出として。

ピューロ、富士急、ジョイポリ、ナンジャ、アニカフェ、カラ鉄、ラウワン、オリショなどなど、ココイチはまだ行けてませんが、いろんなコラボ先に行ってきました。大変だったのはラウワンで、とにかくボウリングが……下手で……あと絶叫マシンが苦手なので富士急では高峯のコラボした乗り物しか乗れませんでした。ジョイポリとナンジャはたくさん歩いた…!ジョイポリのアトラクション(?)結構面白かったのでなくなっちゃったの寂しいです。

アイドルなので、コラボ先にお仕事として出向いてると思えたのが楽しかったです。ココイチに習うと今後は事務所単位のコラボが増えるのかな…!たのしみですね!

 

□月スタ

これもリアルイベントではないのですが、初回から毎月楽しませていただいてるので。

月イチの楽しみが始まってからいつの間にか結構な時間が経ってるんですね。ほとんど全部の回をリアタイしてると思います。たまにバイト重なっちゃったりとか舞台重なっちゃったりとかはしてるんですが、それでも最新情報には間に合うようにねじ込んでます。月スタのためにニコニコプレミアム入りました。毎月あんスタにどっぷり浸れる1時間半〜2時間がとても幸せです。情報過多すぎて慌てることも多いですか笑

一度だけお便り出したことがあって、しかもちょうど読んでいただいたことがあって、その時にいただいたベタベタする紙は宝物です。パーソナリティ変更後、浅沼さんがゲストにいらした回のプレミアムコーナーでした。めちゃくちゃ嬉しかったのを覚えています。

 

 

メディアミックス編でもお話したことですが、アプリ外でもたくさん楽しめるあんさんぶるスターズ!、本当に贅沢なジャンルだなと思います。ほとんど毎月何かしらのイベントがある!お財布が大変!でもめちゃめちゃ楽しいです。